【過去問】第21回パンシェルジュ検定3級⑦【問61~問70編】

パンシェルジュ検定のテキスト パンシェルジュ検定
この記事は約5分で読めます。


ぱんちゃん
ぱんちゃん

訪問してくださり、ありがとうございます!!

はじめに

この記事では、第21回パンシェルジュ検定の過去問(問61~70)とその解説をいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

先日、パンシェルジュ検定を受けてきました。

当記事では、私が受けた年に出題された過去問について載せました!

回答のあとに、軽く解説を載せています。

※個人で作成している記事なので、責任等は負いかねますので、ご了承ください(;´・ω・)

それではどうぞ!

スポンサーリンク







第21回パンシェルジュ検定の過去問(問61~70)

問61

次のうち、発酵の促進、焼き色・香りの向上のために、「モルトシロップ」が使われるパンはどれか。

①菓子パン

②デニッシュ

③フランスパン

④蒸しパン

答えを見る
正答:③フランスパン

フランスパンのように砂糖を添加しないパンに0.2~0.31%の「モルトシロップ」を加えることで、発酵を促進させて生地の状態をよくし、焼成時に焼き色を付けるもの

問62

パンづくりに便利な「デジタルパンメーター」といえば、何を計るための道具か。

①生地の温度

②室内の温度

③生地の重さ

④発酵の時間

答えを見る
正答:①生地の温度

「デジタルパンメーター」は温度計の一種

問63

次のうち、パンづくりの道具に関する記述として正しいものはどれか。

①プラボウルは熱伝率が高いため湯せん発酵に適している

②こね杓子には生地を計量するための穴が開いている

③ブレッチェン棒は生地のガス抜きの時に使う道具である

④こね台は、少し重みがあるほうが、力を入れる作業でも動かず使いやすい

答えを見る
正答:④こね台は、少し重みがあるほうが、力を入れる作業でも動かず使いやすい

①の「プラボウル」はプラスチック製のボウル
②の「こね杓子」に穴が開いているのは、抵抗を少なくし、混ぜやすくするため
③の「ブレッチェン棒」はブレッチェンの山や、あんパンのヘソづけなどに使用する道具

問64

次のうち、成型形(型)時に「クープナイフ」で生地に切り目を入れるパンはどれか。

①メロンパン

②フランスパン

③食パン

④クロワッサン

答えを見る
正答:②フランスパン

「クープナイフ」はフランスパンやカンパーニュなどの成形(型)時に使用する

問65

次のうち、「グラズール(アイシング)」の作業に使う道具はどれか。

①スケッパー

②キャンバス

③ハケ

④ゴムベラ

答えを見る
正答:③ハケ

「ハケ」はパンの表面に照りなどを付ける際に使用します。
※「グラズール」とは、砂糖を水や溶かしバターなどで溶いた糖衣のこと

問66

パンづくりにおいて、オーブンは、焼成温度が何℃くらいまで上昇するものが適しているか。

①120℃

②180℃

③250℃

④340℃

答えを見る
正答:③250℃

問67

パンづくりで、発酵時間にかかわらず「ガス抜き」を行わない製法を何というか。

①ストレート法

②アンザッツ法

③ノーパンチ法

④スポンジ法

答えを見る
正答③ノーパンチ法

名前のとおり、パンチしない製法。パンチしないことで、時間が短縮される、生地へのダメージが減る、すだちが均一でソフトな食感のパンに仕上がる、などの利点がある。ただし、風味はやや劣る。

問68

「中種法」では、粉と水とイーストを加えた「中種」という発酵種を作るが、これには材料の何%以上の粉を使うか。

①10%

②30%

③50%

④70%

答えを見る
正答③50%

問69

次のうち、「中種法」の短所として適切なものはどれか。

①工程時間が長くかかる

②老化が早い

③仕上がりがかためになる

④機械製造には向かない

答えを見る
正答①工程時間が長くかかる

他にも、中種法の短所として「作業にあたって大きなスペースが必要になる」等がある

問70

次のうち、ライ麦粉に多く含まれる多糖類「ペントサン」が原因となっているライ麦粉の特徴として正しいものはどれか。

①生地が膨らみやすい

②吸収性が高くベタちつきやすい

③においを吸着しやすい

④焼くと表面がカリッとした仕上がりになる

答えを見る
正答②吸収性が高くベタちつきやすい

他の問題を参照したい方は、こちらもどうぞ!

過去問まとめ記事
ぱんちゃん
ぱんちゃん

以上です!

コメント